今注目したい!

りそな銀行の魅力を探る

space
 
space

space
space

今注目したい!りそな銀行の魅力を探る

りそな銀行の普通預金

りそな銀行の普通預金は、いわゆるメガバンクと比較しても、正直言って太刀打ちができる状況ではありません。平成26年2月5日現在で一般の普通預金の金利が0.020%、インターネット支店である「りそなダイレクト」を経由して普通預金を契約した場合でも、その金利は0.025%となっています。これはメガバンクの代表格であるみずほ銀行の金利よりも若干下回っている状況です。

 

メガバンクで最も高い、みずほ銀行の普通預金の金利が平成平成26年2月5日現在で0.020%であることを考えると、どんぐりの背比べのようにも考えられますが、やはりどの銀行でも普通預金で資産を増やそうと考えるのは少々難しいようです。

 

しかしりそな銀行の普通預金には、日本円建ての普通預金以外にも「外貨の達人」という、アメリカドルなどの外貨によって普通預金を行う商品があります。「外貨の達人」はアメリカドル建て専用の商品で、日本円をその時のアメリカドルに換算して預け入れ運用するもので、基本的には出し入れ自由の外貨預金専用の普通口座で預け入れや引き出しができます。ただし、引き出しの時には為替手数料が必要となっていて、片道(円をドルに交換するとき)50銭、往復(円→ドル→円の入れ替え)1円となっています。

 

外貨預金の金利は預け入れ額に応じて変わります。1,000アメリカドル以上であれば0.015%、それ未満であれば0.010%となっています。金利だけ見れば日本円の普通預金の方がよさそうですが、為替の差益を考えると、円高のうちにドルを買い、円安になってドルが高くなったところで売りに出せば、金利以上の差益を得ることができるのですから、普通預金と言えども侮れない商品だと思います。

space

 
space