今注目したい!

りそな銀行の魅力を探る

space
 
space

space
space

今注目したい!りそな銀行の魅力を探る

りそな銀行の金利

もともとりそな銀行は大阪に本拠を置く大和銀行と、埼玉に本拠を置くあさひ銀行が合併してできた銀行です。最近ではその資産規模からメガバンクにも名を挙げられるようになるまで成長した金融グループなのですが、りそな銀行の金利はそんなに言うほどよくはありません。

 

普通預金の金利が一律0.020%、定期預金の場合は300万円以下を半年預けても1年預けても0.030%となっていて、メガバンクの同じタイプの商品と比較しても0.005%ほど低い金利設定になっています。0.005%ですからそんなに大差はないと言えるのですが、これがインターネット専業銀行となると明らかに先方の方が有利な金利となっていて、りそな銀行と言えども太刀打ちができない状況になっています。

 

その他、住宅ローンの金利を見てみると、平成26年2月5日現在で変動金利の場合年利0.775%、固定金利の場合年利1.30%となっていて、メガバンクの同種商品と比べると全く同じ金利設定になっていて、この部門で見れば大手の銀行と十分に太刀打ちできることが分かります。しかしインターネット専業銀行と太刀打ちしようとすれば、住信SBIネット銀行が変動金利の場合でなんと年利0.650%と言う驚きの金利設定を打ち出してきています。これにはりそな銀行と言えどもかないっこありません。

 

りそな銀行の金利は優劣のある部分もありますが、基本的にインターネット専業銀行と比べると少々分が悪いです。ですが家の近所にあるとか、給与受け取りをしているとか、他のサービスを合わせて利用することでメリットを見いだせるかもしれません。

space

 
space